恋愛の導き

人は見た目?それとも中身?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

○見た目が良くないと恋愛ができない。
○中身だけでもいいのか。
○恋愛のことを知りたい。
○見た目がよくなければどうすればいいのか知りたい。

​など――

このような悩みや希望を抱いていないでしょうか。

そのような方たちのために、このサイトでは

解決できる提案恋愛のケースを小説調にして掲載しています。

まずは、何からはじめれば、これらの悩みや希望が解消され、手に入れることが出来るのか、それを導けるサイトにしていきたいと願っています。

今回のテーマは

人は見た目でしょうか。それとも中身でしょうか

 

人は見た目が100%というフジテレビ系列のドラマが放送されていますが、人は見た目なのでしょうか?それとも中身なのでしょうか?

わたしはどちらも大切だと思います。

ですが、より大切なのは?と聞かれたら、迷わず中身だと言えます。

なぜなら、それが【事実】だからです。

人は見た目が2。中身が8がベストです。
その理由をみていきましょう。

1、相手が見た目重視でも、中身を大切にしなければいけない理由

人によっては、中身よりも見た目重視に、人を判断するひとがいます。
そのような人を好きになった時であっても、中身を重視しなければいけません。

なぜでしょうか?

見た目で判断している人は、脳内麻薬の気持ちよさを基準に判断しているからです。

現代人は、心や感情など、心が高ぶることを基準にして、判断している人が多いです。
ですが、その心が高ぶるというものは、100人いれば100通りのバラバラな価値観です。そこに答えは存在しません。

例えば、わたしは、りんご飴が大好きです。

祭りに行くと、りんご飴を必ず探してしまいます。

りんご飴をみると、心が高ぶります。ですが、ある人がりんご飴をみても、なんとも思わないのです。
それどころか、わたしのあまり好きではない、たこ焼きをみると心高ぶらせて、うれしそうに食べるのです。

見た目や心や感情は、人によって好みが別れるのです。

わたしたち日本人は、1億円札を目の前に置かれて、これを差し上げますといわれたら、喜びます。

どうしてなんだ?と疑る人もでるほど、1億円というものに、価値があると【思い込んでいる】のです。

この1億円札をお金のやり取りのない民族や部族に、同じように目の前に置いて、差し上げますといったらどうなるでしょうか。

彼らはものめずらしく、それらを見るかもしれませんが、それが何なのか理解できない以上、彼らにとっては、ただの装飾品にすぎないのです。

紙切れですね。

江戸時代まで、日本は、お金=鉱物でした。ゴールドやシルバー、鉄などが、お金でしたが、現在は紙切れがお金だとされています。

ですから、現代のお金を江戸時代へ持っていけば、ただの紙切れとして扱われるだけなのです。

このように、人や時代、場所や価値観によって、左右されるだけの

【錯覚】が見た目というものなのですね。

それでも、現代で通用すればいいじゃないか?と思うでしょうか。

そう思うのなら気をつけたほうがいいです。

心や感情などの高ぶりを基準にしているのは、脳内麻薬という欲望を基準にして、ドキドキしているだけで、それら脳内麻薬は、依存症を引き起こすのです。

例えば、1億円を手に入れた人は、さらに2億円、3億円10億円を手に入れたいと思うようになります。お金依存症になっていくのです。

 

さらに気持ちよく、安定した錯覚を手に入れるために、お金に依存していくのです。お金お金お金となっていくのです。

家族や仲間に目を向けず、大切なもの時間まで捨てて、紙切れを得ては、脳内麻薬で気持ちよくなって楽しむのです。

見た目を重視している人たちも、同じです。

アイドルという英語を日本語にすると【偶像】です。

偶像とは、虚構であり、空想。バーチャルなものという意味です。

アイドルとは、空想のまやかしを売りつけ、それを信じさせる心のマジックという職業なのです。

トリックですね。

カルト宗教と同じです。

カルト宗教ほど、偶像を拝み、建物を異常なまで、巨大にして、圧倒間を味合わせて、人の心を惑わしてコントロールするのです。

圧倒的な建物や大勢の人たちが、行っているものをみて、それが正しいと脳を錯覚させるのです。

アイドルのコンサートなどは、人の心をコントロールすることで利益をえています。大勢の信者さんたちと巨大な演出が、それほど綺麗ではないアイドルであっても、綺麗にみえはじめます。

見た目を武器にしている人は、このトリックと同じことをしているのですね。

化粧とは、化けると書きますが、本来もっている顔というキャンパスに、色や絵を描くことで、相手を惑わし、コントロールするわけです。

本人にそれほど自覚がなくても、他人に良く見られようと思っている以上、他人をコントロールしようという意図が必ずあるのですね。

見た目や表面とは、騙しあいの世界で、依存症を生産させていく恐ろしいものなのですね。

神道などをみてもらえば分かりますが、偶像は置かれていません。神殿も木で作られた質素なものばかりです。自然を大切にして、教えさえもなく、文化として自然体で人々に伝えるだけです。

一部の違う文化に影響された神道は別ですが、誰かをコントロールしようとしません。

2、中身100%が正しいのでしょうか。

中身100%というひともいませんね。

なぜなら、見た目もその人の一部だからです。

依存症になるまで、欲を追求するのは、それは欲望になり、破滅への道につながっていますが、欲そのものは、悪いものではありません。

欲には、良い欲と悪い欲があるのですね。

人は食べることをしなければ、生きてはいけません。水を飲まなければ生きれないのです。空気を吸わなければ生きていけません。

例え、心や中身があっても、それを包み込む体がなければ、その存在を他人に認識させることさえ、できないのです。

ビジネスでのやり取りで、名刺を渡しますが、その名刺と同じで、見た目は1つの入れ物なのですね。

花を飾るには、花瓶が必要ですが、その花瓶が、見た目のようなものですね。

人は、美しいと感じる顔の比率を無意識に認識しているといわれています。

いつの時代も、黄金率というバランスのとれたものを美しいと感じるように作られているのですね。

車や飛行機やスマホなど、形がある程度同じなのは、人が望ましいと思える形になるべく近づけようとしているものだからです。

もちろん、流体力学、安全を第一にはするのですが、見た目も大切にして作られているのですね。

美しい、美しくないなどは関係なく、100人のバラバラな顔のデーターを集めて、平均値を出すと、自然と黄金率になってしまいます。

平均値を出しているにもかかわらず、その顔は、綺麗な顔になるのですね。

このように、人は美しいと感じる顔があるということですね。

ですから、わたしは、ある程度の化粧や整形などは、悪いことではないと思っています。

現代では、多くの高齢者は、白髪を隠すように黒色に染めたりします。それと化粧と整形は、どこが違うのでしょうか。

服選びをするのも、同じですね。ビジネスは信頼が大切ですが、見た目も大切だとしているからこそ、スーツを着ているのです。

ですが、これをやりすぎるといけないわけですね。

それらは2割程度のものだと理解しながら、中身を8割にして生きなければ、依存症になっては、いつまでも恐怖を抱いたまま生きていかなければいけなくなるからです。

3、中身を大切にしていけば、自然と見た目も良くなる。

芸人さんは、見た目が良い人は、あまり売れないところがありますね。

綺麗な顔のアイドルなどがバラエティをしていても、どこか面白くありません。

ちょっと顔が特殊だったりする人ばかりが、人気芸人さんのような気がします。
Mrビーンなども面白い顔ですね。

 

自分の内側のマイナス面をさらけだすことで、大勢の人たちから共感を得て、笑いを生み出しているのかもしれません。

それが行き過ぎて、どうでもいいみたいな心を持っている芸人さんなどは、どこかしら、わたしは違和感を感じます。

開き直りみたいにみえるからでしょうか。

太ってて何が悪い?みたいな人や批判して何が悪い?みたいな悪ぶるような人です。

その人の人格が、顔にまで出ているように、わたしには見えます。
みなさんがどうなのかは、解らないですけどね・・・。

ですが、芸人さんで、お世辞にも綺麗だとは言えない人がいますが、どこかしら、優しくみえて、品があるような方がいます。

わたしは、そういう人が好きです。

中身の良い人格が、表面にまで出てきているひとをみると、なんだか、安心してしまいます。

どんなに醜い顔の人でも、いつも笑顔でいるひとは、よくみえます。顔に品がなくても、人格に品があるひとは、品があるようにみえます。

この世界には、原理原則というものがあります。

①喜び・平安・寛容・親切・善意・柔和・自制・愛・誠実など、善の原理原則です。

②恐怖・脅し・騙し・怒り・不信仰・不誠実・破壊・頑固など、悪の原理原則もあります。

①は、世の中に平和や平安を与え、経済でも人生でもよいものを生み出しますが、②は、一瞬の経済だけを得てあとは滅んだり、世の中に混乱と不安を生み出します。

その原理原則は、それぞれ力があります。

①はすぐには結果が出ませんが、長期的にみると膨大な利益を生み出します。
②は、すぐに結果を得ますが、長期的にみると膨大な損害を生み出します。

これは恋愛でもいえることです。

顔が綺麗で、それを武器にしているひとは、すぐにターゲットを手に入れることができるでしょう。ですが、そのターゲットは、その人の綺麗な顔をみて興奮しているだけなので、その顔になれてしまえば、興奮できなくなるのです。

確かに、獲物はすぐに取れますが、その獲物は、心からその人を愛してはくれないのですね。

顔があまり綺麗ではない人は、中身や人格を武器にするしかありません。
優しさや思いやりで、好きな人を支えます。好きなひとは、すぐには、その人の良さが解りませんが、いつも横で支えてくれていることに気づいた時、その人の人格に気づいた時、180度イメージが変わることがあります。
顔や見た目で、好きになられたのではないので、その気持ちは、廃れにくいのです。

美人は三日で慣れるが、ブスは三日で慣れるとよく言われますね。

ですから、顔が綺麗だから幸せになるとは限らないのですね。

まとめ  人は見た目なのでしょうか。それとも中身なのでしょうか。  

①相手が見た目重視であっても、中身を大切にしなければ、二人とも破滅します。
②中身100%ではありません。中身80%です。見た目もその人の一部です。
③中身を大切にしていれば、見た目の2割もついてきます。

 

一番いいのは、中身も外見もバランスよく持っているひとですね。

現在サイトの移転中です。

サイトの移転元は

https://thoughtsreach.wixsite.com/just-like-angel

こちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA