恋愛の導き

教育がなければ交際や結婚するのは難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

○恋愛を前向きにしていきたい
○交際相手がほしい
○交際することに不安がある
○恋愛について知りたい

​など――

このような悩みや希望を抱いていないでしょうか。

そのような方たちのために、このサイトでは

解決できる提案恋愛のケースを小説調にして掲載しています。

まずは、何からはじめれば、これらの悩みや希望が解消され、手に入れることが出来るのか、それを導けるサイトにしていきたいと願っています。

今回のテーマ

教育がなければ交際や結婚するのは難しい

 

何も知らず、恋愛に対して教育されていなければ、交際することや結婚することに不安を持つのは当たり前のです。

ですからそういった不安を解消する解決策を提案しています。恋愛のことについて明確にできることとは一体どんなことでしょうか。

 

20代・30代の男女が現代では結婚どころか交際相手さえもつくらない傾向があります。

厚生労働省による調査をもとにして、その理由を順位別に表されています。

男性
1位 自分の趣味に力を入れたい 
2位 恋愛が面倒
3位 仕事や勉強に力を入れたい
4位 異性と交際するのがこわい
5位 異性に興味がない

女性
1位 恋愛が面倒
 2位 自分の趣味に力を入れたい
3位 仕事や勉強に力を入れたい
4位 異性に興味がない
 5位 異性と交際するのがこわい

また、交際をする上の不安もあげられています。

男性
1位 異性に対して魅力がないのではないか
2位 異性との出会いの場所がわからない
3位 どのように声をかけてよいかわからない
4位 どうしたら恋人になれるのかわからない
5位 恋愛交際の進め方がわからない

女性
1位 異性に対して魅力がないのではないか
 2位 異性との出会いの場所がわからない
 3位 自分が恋愛感情を抱けるか不安だ
 4位 どのように声をかけてよいかわからない
 5位 恋愛交際の進め方がわからない

これは、あくまで、交際相手を作らない理由と不安です。ですから、日本人全体からみれば、3割程度の交際をしていない人たちに調査をした結果です。
交際相手を作らない理由について、質問されて、素直に本心をいうとは思えませんので、本音のところは、不安が交際相手を作らない理由にあげられるのだと思います。

人は不安で不明瞭なものに対しても、前に進もうと行動できるひとは少ないです。

行動できたとしても、不明瞭なまま進んでいるので、失敗する確率のほうが高いに決まっています。

ですから、明確にできるところは、明確にして、教育していくのが国の役目のはずですが、現代の学校教育は、大切なことほど教えず、どうでもいいことしか教えません。

知っておかなければいけないことは、教えないのです。

何も教えられていない人が、不安を多く抱え込んでしまうのは、当たり前のことですね。

原因と結果の法則がこの世界にはありますが、不安な人が多いという結果があるということは、その原因が必ずあるということです。

ですから、明確にできるところは、明確に教えていくという教育が大切なのです。

交際や結婚に至るために、知っておかなければいけない”事実”を教育としてみていきましょう。

1、人は、教えられなければ、考えることさえできない生き物です。

どう考える。どう思うのかには、人それぞれで答えはありませんが、このサイトでは、そのような不明瞭な回答にフォーカス(集中)せずに、なるべく誰も否定できない事実を基にして、回答を導き出そうとしています。

 

答えのない人間の心や感情などを基準にするから不安になるのであって、答えが定まっているものを基準にすれば、自分の考えは関係ないので、それに従うことで安心感が得られるからです。

 

今回の1つ目の誰も否定できない事実は

教えられなければ、考えることさえできないという事実です。

例えば
「わたしは親にも、家族にも、祖父母からも、日本語を教わっていないのに、日本語を話している」と言ったら、信じますか?

誰一人、わたしに日本語で話しかけずに、わたしは育ったのに、わたしは自分で日本語を考え出して、日本語を使っているというのです。

まともな人なら、そんなわけあるわけがないと返答するでしょう。

わたしたちは、日本という国の環境で、日本語に囲まれて育ったので、自然と日本語を教育されて、日本語を使っているのです。

フランスの環境で生まれ育てば、フランス語を話すようになるように、人間は教わらなければ、考えることさえもできない生き物なのです。

飛行機が作られて150年ほどになりますが、飛行機が発明されるまで、人々は、人間が空を飛ぶことさえ、信じられなかったのです。

ですから、150年前まで、飛行機は存在していなかったのですね。

その飛行機の発明にしても、自然界の鳥や空を飛んでいる現象を目の当たりにしているからこそ、空を飛ぶという発想が出てきたのであって、もし、空を飛ぶものが存在していなければ、人間は、空を飛ぶ発想さえも、考えられないのです。

この世界が創られてから、人間には、多くのヒントが自然界から与えられてきたことで、今のように発展した世界になっているのですね。

結婚や交際相手をみつけるにしても、何も知らないひとが、どうして結婚や交際ができるのでしょうか。

結婚とはどういうもので、交際とはどういったものなのかを知らない人は、その行動さえもできなくなるのは、当たり前なのですね。

 

しかも、現代人は、昔の人たちの知恵を無視しています。

昔の考え方など古いから聞くまでも無いと考え、エンターテイメントで利益のために作られているドラマや映画などを基準に、恋愛を考えているのですから、失敗するに決まっているのです。

ドラマや映画などは、人々に願望という脳内麻薬を増やして、脳の錯覚現象を利用しながら利益を得ようとしているだけなのです。

 

本当の恋愛は、利益という不自然な発想から出てくるものであるはずないですよね。

人間が勝手に作り出した利益という発想から生まれた恋愛と自然界の事実の恋愛が、一致しているほうが、おかしいのです。

そんな人間の都合のいいような世界がはじめから作られているわけがないのです。

ですから、利益を基にしている恋愛、マスメディアなどを基準にするのではなく、なるべくリアルであり、不利益でもみなさんを助けてくれる親や家族や祖父母などから、ヒントを得るほうが正しいのです。

学校の先生が教えてくれると考えてはいけません。
普通に考えてください。組織の中のひとりが、組織に逆らってまでも、本当の事実を教えてくれると思うでしょうか。

先生本人は、生徒たちに教えたいと思ってはいても、それを組織レベルで考えて、言葉にしないことのほうが多くなるのは、当たり前のことなのですね。

しかも、現代は、本当のことをいう先生ほど、吊るし上げにあい、問題発言だとされて、つまはじきにされます。

そんなリスクをおかすよりも、ありきたりな発言をして給料をもらっていたほうが安全に決まっているのです。

 

どんな人でも、組織の中で生きているひとは、その組織をなるべく肯定して生きているものです。

わたしだって例外ではありません。

本当のことを心から教えてくれる人は、ごく少数しか存在しないのですね。

2、結婚や交際をうまくいかせる方法は大きく分けて2パターンあります。

1つは【情報を集めて、正しい情報を基にして行動する】ことです。

その正しい情報のヒントをくれるのは、みなさんでいえば、親や家族がそれに当たります。利益関係なく、みなさんに与え続け、支えてくれる家族ですね。日本語を無償で教えてくれた存在です。家族から間違った情報を教わることは多々ありますが、それでも家族は心からみなさんを想って発言しているのです。

そして、親は、恋愛の経験者ですから、そこからヒントを得ることが一番のリアルなのですね。祖父母はさらに上の経験者です。

また、書籍などを読む事もいいことです。
書籍は、利益ありきのように思えますが、書籍は組織に依存していない場合が多いです。
ですから、一般のひとたちの歪曲された恋愛観ではない自然の法則に沿ったヒントを与えてくれる場合があります。
マスメディアなどで規制されることも少ないです。

インターネット検索でヒントを得る

インターネットは、個人的な情報で正しいのか解らないと考える人がいますが、個人的だからいいのです。

組織に依存していない以上、本人の良心を貫くことができるからです。

その情報が例え、間違っていたとしても、組織に依存していない人のサイトは、その情報が正しいと心から思って載せているのです。

もちろん、サイトの中にも五万と組織的なサイトが存在しているので、嘘や捏造など多くの歪曲された情報も存在しますが、大抵の人のサイトは、その人が正しいと思っている情報を提供しているのです。

ですから、学校やマスメディアのように1割程度しか、本当の情報を流さないものよりも、3割程度の本当の情報を流すインターネットのほうが信用できるのですね。

サイト運営をしている人たちは、その人たちの人生経験の上での情報を載せているからです。

親にしても、書籍にしても、インターネットにしても、すべてが正しい情報を流してくれるわけではありませんが、組織に依存せず、心からの想いで提供しようとしているものには、価値があるのです。

特に、永遠のベストセラーである聖書などを基準にして、情報を基にして行動している人は、とても賢い人です。

いつの時代であっても、場所も民族も関係なく、普遍的な原理原則を教えてくれているものだからですね。

結婚や恋愛をうまくいかせるもう1つの方法は

【実体験を積む】ことです。

一見は百閒にしかず

原理原則を知らずに、恋愛の れ の字も知らずに、突き進めば、必ず痛い目にあいますが、その痛い目にあった経験が生かされます。
痛い目になったのだから、同じことをしようとするひとは、まずいません。

文字や情報だけで得たものよりも、実体験で得た情報は、深いものがあります。

言葉では言い表せない多くの情報を得ることができるからです。
失敗して、失敗して、失敗している人は、失敗することを恐れませんし、失敗が成功だということを理解しています。

頭の中だけの情報で、失敗もしないで正論ばかりをいうだけのひとは、なかなか前に進もうとはしません。
異性に声をかけるナンパを沢山して成功させている人は、成功の何十倍もの失敗を繰り返しています。
失敗しては、修正して成功させる方法を見つけ出しているのですね。

恋愛に不安を感じているのなら、恋愛をするべきですね。
何度もチャレンジして、失敗すればするほど、成功に近づけます。
ひとりの異性と恋愛が失敗したとしても、残りの異性は35億人います。

日本人であれば1000万人はいます。

経験を積むことで、嫌でも不安は消えていきます。

一番いいのは、1つ目と2つ目を両方兼ね備えたバランス型ですね。

ちゃんと原理原則の情報を持ちながら、経験を積むことです。

3、教育を与える

教育は、与えられるだけではいけません。
教育は、与えてこそ得られます。

ですから、兄弟や友達や後輩などに、恋愛についてなどを教えることが大切です。

恥ずかしいとか、話せるのか不安になったりするかもしれませんが、そういう話し相手を作ることはとても利にかなったことなのです。

例えば、教えられているだけの人は、A⇒自分という主に聴覚を利用して、得られている情報ですが、教えることには、さまざまな能力が必要になってきます。

人に何かを教えるということは

情報を知っていなければできません。
その情報を脳で整理していなければ、うまく話せません。
その情報を口や絵やしぐさなどで、表現しなければ伝わりません。

このように、教えられている時は、単純な能力しか使わないのですが、教える時には、全身の能力をフル活用しているので、ものすごい脳を活発に利用しているのですね。

脳やさまざまな能力を使うことで、さらに脳が発達して、正しい恋愛や結婚へと向かうことができるようになるのですね。

まとめ 教育の大切さ

①日本人の男女は不安があるから恋愛できない。
②明確にできることは、明確にして不安を解消する。
③人間は、教えられなければ、考えることさえできないので教育が大切。
④親・家族・書籍・インターネット・先人の知恵から原理原則を学ぶ。
⑤多くの経験を積む。
⑥教育を与える。

現在サイトの移転中です。

サイトの移転元は

https://thoughtsreach.wixsite.com/just-like-angel

こちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA