恋愛の導き

女性は耳で恋をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

○女性の気持ちがわからない
○女性は口数が多くてついていけない
○好きな女性に振り向いてほしい
○好きな人に喜んでもらいたい

​など――

このような悩みや希望を抱いていないでしょうか。

そのような方たちのために、このサイトでは

解決できる提案恋愛のケースを小説調にして掲載しています。

まずは、何からはじめれば、これらの悩みや希望が解消され、手に入れることが出来るのか、それを導けるサイトにしていきたいと願っています。

今回のテーマ

女性は耳で恋をする

 

男性と女性は、同じ人間ですが、能力的に発達している部分が違います。

違うので、それらが問題になったり、逆に違いが惹きつけるわけですね。

男性は、なかなか女性の気持ちが理解できません。

今回は、多くの女性の能力について知識を得ていきましょう。

1、女性は言語処理能力が発達している。

こどもの男女を見比べてみると解るのですが、多くの女の子は、男の子よりも、言葉をすぐに覚えて、この子、本当に幼稚園児?と思えるほど、頭のいい女の子などがいます。

逆に、男の子は、小学校高学年になるまで、ずっとこどものまま何も考えていないように言語処理が発達しない子もいます。

このように、すべてのとは言いませんが、女性は言語処理が得意だということが解ります。

小学校高学年ほどになると、女子高生と変わらないぐらい大人びた会話を繰り広げ、小学校の男の子ではついていけない世界が広がるほどです。

言語処理能力が優れているから、しゃべるしゃべる。

小さなことでも、言葉にして女友達に話すのです。

男性は視覚が発達していることを前回では話しましたが、女性は聴覚が発達しているので、このことを理解しながら、女性に接するのも効果的かもしれません。

2、女性は、一日2万語

女性は、男性に比べて、ものすごいストレスを抱えながら生きています。生きるための能力なのか、女性は、一日に体温が変化したり、体調が変化したりして、ストレスになる要素が、とても多いのです。

その要素を男性が味わい続けると耐え切れないというほどのストレスを日々感じて、生きているのが女性なのですね。

何気ない普段の生活の中にも、女性は多くのストレスを抱えていて、それに耐えれる体が備わっているからか、長寿だったり、出産にも耐えれるわけです。

ですから、女性は、そのストレスをどこかで発散しなければ、耐えられないと本能的に左右される人がいるのですね。

そのストレスの発散方法として、とにかく話すということをするのです。

男性は一日に口に出す言葉の数は7000語ほどだといわれています。

女性は一日に出す言葉の数は2万語にもなるのです。

本能的な女性にとって、しゃべることはストレス発散だからですね。

 

この男女の違いが、問題を引き起こすこともあります。

男性は、外に仕事に出るひとが多く、一日に使う7000語のほとんどを仕事で使い果たします。そして、言語が0になって家に帰ってくるのです。

女性は、人によりますが、家を守ることが多く、ほとんど言語を使わずに、夕方になってしまいます。言語2万語を残したまま、言語0になった男性の帰りを待って、帰ってきたらマシンガンのように言語をストレスと共に吐き出すのです。

男性は言語0になり疲れている中で2万語の嵐が再来するので、話半分にして聞き流します。

女性は外にも出ずにストレスを抱えているのに、それを受け止めてくれない男性に不満を持ち始めるわけです。

そのうち、男性には解ってもらえないと理解すると、女友達と会っては、2万語の言葉を使い、理解しあうようになるのです。

男性からすると、本当にどうでもいい内容をマシンガンのように話されるので、女性の会話をさえぎっては、論理的に指摘してしまいます。

ですが、女性は、ストレス発散をしたいために、話しているだけなので、論理的に指摘してほしくないわけですね。
受け止めてくれるだけでいいのですが、男性からすると意味のない会話は、ストレスになるので、要点を把握したいとなるわけです。

こういったすれ違いが起こる原因は、近代女性による忍耐力の無さから生まれてくるのです。
昔の女性は、耐え忍ぶことにストレスと向き合うように教育され、男性を支え、けっしてストレス発散させる壁のように、言葉をぶつけようとはしませんでした。

近年男性は、優しくなり、女性を理解しようとしすぎて、受け止めようとするのですが、ストレスとの戦いは、本人にしか解決できない問題です。

 

ですから、女性のストレス発散方法にあわせてしまうと、さらにエスカレートして、それが正しいと女性は思い込み、挙句の果てには、聞いてくれない男性が悪いということになるのです。

自分の投げたボールをちゃんと受け取ってくれないからダメな男性だというのは、ものすごい傲慢な考え方なのですが、本能的な女性は、日々のストレスに負けて、男性を利用しようとしはじめてしまうのです。

何回もいいますが、すべての女性がストレスを好きな男性にぶつけるわけではありません。良い女性も、存在していて、どんな時でも、耐え忍び、理性的に行動して、ストレスを違う方法で解決できているのですね。

ストレスを言葉で発散する習慣がある女性には、精神統一など、瞑想やヨガや運動などをさせてみるのもひとつの方法かもしれませんね。

ただ、女性が言葉によってストレス発散しようとしがちなのは、男性も理解しなければいけませんね。

 

女性は、ストレス発散のために話を聞いてほしいのなら、そう男性に伝えるべきです。男性の脳は論理脳なので、指摘したくなる男性のことも理解しましょう。理解してから、理解されるのです。
受け止めてあげれるところは、受け止めながら、良い方向に誘導してあげるべきです。

3、女性は、内心、言葉を口にしてほしいと思っている

男性は、言葉よりも、頭で理解しようとしますが、女性は、聴覚が発達しているので、男性の声で、言葉をかけることに、喜びを感じることができるのですね。

ですから、声にして、愛しているとか、好きだとかをいってあげることが大切です。

普段から日本の男性は、そのようなことをしないので、突然声にして、愛しているとかをいうと逆に女性は聴覚に敏感に反応して、否定したがってしまいますが、内心は喜んでいるはずです。

否定するということは、反応せずにはおれないという証拠だからです。

これは、女性は、聴覚に刺激を与えると喜ぶということなのですね。

ですから、声に出して、気持ちを伝えることは、男性はしていったほうがいい1つの事柄でしょう。

その時は、藤原達也のように低い声でいってあげるほうが、信頼されるかもしれませんね。

低い声のほうが女性は好きな人が多いという統計もあるからです。
安定を望む女性にとって低い声は安心できるのかもしれませんね。

4、エバも蛇の言葉に惑わされた

聖書に出てくるアダムとエバの話ですが、女性は、しゃべる蛇(ドラゴン)の言葉に惑わされました。目で見たり、論理的に判断することよりも、本能的に、エバは禁断の果実を口にしてしまったのです。

蛇以外は、すべて天国のような世界だったにも関わらず、たった1つだけの蛇という悪の言葉の誘惑に負けてしまったのです。

女性が聴覚が優れていることは、良い事ですが、それを仕方が無いことだと逃げに使ってしまえば、好きな男性を傷つけてしまう結果になりかねません。安心感を得たいという欲望が蛇のように心の中に悪魔の声が繰り返し誘惑してくるかもしれませんが、その誘惑に負けず、男性を支えていくすばらしい女性になりましょう。

男性には男性の弱みがあり、その欲望に負ければ、好きな女性を傷つける結果になるように、女性にも同じようにそういう傾向があるのですね。
それを良いことにするのか、それとも言い訳にするかは、その人によりますが、やはり大切なのは、原理原則に従って、自分の心よりも、大切な指標に沿うことなのですね。

男性は、女性のそのような傾向を理解しながら、依存関係にならないように、バランスよく向き合う大人の態度が大切になってくるでしょう。

まとめ

①女性は、普段からストレスを多く抱えて生活している
②女性は言語処理能力が発達している
③男性は7千語、女性は2万語
④男性は、好きな気持ちを低い声にして表しましょう
⑤ストレスや傾向に負けず、原理原則に従って男女とも相手を思いやりましょう

現在サイトの移転中です。

サイトの移転元は

https://thoughtsreach.wixsite.com/just-like-angel

こちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA