小手先テクニック

好きな男性の気を引く方法 学生編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

  • 気になる人の気を引きたい
  • 好きな人から興味を持ってもらいたい。
  • どうすれば距離を埋められるのか分からない。
  • 引っ込み思案でなかなか行動に移せない。

 

など――

このような悩みや希望を抱いていないでしょうか。

 

気になっている相手とは、まだ関係が築けていない状況です。このような状況の場合は、まずはこちらから行動に移すしかありません。

あなたから独断的にみて、50%の確率で

「相手もこちらのことをまんざらでもない。」

と思っていても、相手から行動を取ってくれるとは限りませんよね。

では、確実に解ることは

あなた自身が行動に移すことです。

自分が動かなければ、相手がどういう行動に取るかは、分かりませんし、気まぐれや運にまかせるしかありませんが、確実にいえることは、あなたは、あなたの体を動かせるということです。

ですから、あなたから、何らかの行動を取りましょう。

ですが、気を引きたいというあなたあなたの好きな人との関係は、まだ深くありませんよね。

こういう場合は、関係を深くするための小手先のテクニックを使うことも視野にいれましょう。

あくまで、これらは、小手先のテクニックであって、それらを多用することは、相手との関係を浅い関係のまま終焉を迎えてしまう結果になってしまうでしょう。距離が近づいたら、コンテンツの中にある恋愛の導きで、恋愛の奥義を紹介しているので、そちらに移行していきましょう。

今回は、あくまで、関係を築くというスタートをまだ切っていない状態の方に贈る小手先テクニックですので、よろしくお願いします。

1、女性らしい雰囲気を大切にする。

歌舞伎という伝統芸能があります。

歌舞伎は、男性によって演劇をみせるものなので、女性役も男性が努めます。

この女性役をするには、男性なのに、女性よりも女性らしい女性を演じるという能力が必要になるのです。

 

雰囲気やしぐさを、どれだけ女性に近づけるのか、または女性以上に演じれるのかを考えて演じているのです。

男性も言えることではありませんが

女性は男性に気に入られようと、化粧をしたり、何か行動を起こそうとしますが、それがやりすぎてしまうひとがいます。

ですが、男性からは、化粧の匂いが逆効果になったり、しぐさに違和感を覚えられてしまう場合があります。

ですから、あくまで自然な雰囲気を出すことが大切です。

 

ほんのちょっとした女性らしい仕草や雰囲気が相手の気を引く大きな武器になるのです。

例えば、1mほどの距離に近づいた時、消しゴムなどを貸してあげるような時なども同じですが、適当に慌てた感じで、投げるように消しゴムを渡すのではなく、女性らしく、指先にまで気を配って、ゆっくりと消しゴムを優しく渡してあげたりすると、男性は、その雰囲気に気を取られるようになるものです。

 

気づくか気づかないかぐらいの雰囲気ぐらいが丁度いいでしょう。

あくまで自然体で、女性らしさを出すことが大切なのですね。

2、演じる

これは男性にも言えることですが、演じることができないひとは、幸せになることは難しいと思ってください。

ひとには、必ず悪があります。悪がない人なんていません。完璧な人などいないのです。

そして、気づいている悪もあれば、気づかない悪もあります。

注意したいのは、勘違いしているひとです。

何か勘違いしているひとは、好きな人にならその悪をみせることが、ゆるされると思っていることです。

 

「親しき仲にも、礼儀あり」という言葉がありますが、愛するひとだからこそ、世界で一番大切にするべきひとに、どうして悪をみせようとするのでしょうか。

それを「わがまま」というのです。

悩みや苦しみを分かち合う、弱さをみせることは、いいのですが、自分の悪をみせていいわけがありません。

 

そこを疎かにするひとが、多いです。

結婚後、浮気をしたひとはもちろん悪いですが、される方にも、問題があるから男性は、女ではなくなった奥さんではなく、女性を求めて他の人に目をむかせるようになってしまうのですね。

 

そして、良い関係を続けられるカップルは、お互いが演じることができるひとたちです。

 

自分らしさとか、自分の色とかを押し付けようとするひとがいますが、自分らしさというのは、本来、あまり存在しません。

その証拠に、あなたは日本語を使っていませんか?

自分らしさといいながら、日本語という自分が産まれる前から存在しているものを生活の基準にしているのです。

日本語は、あなたでしょうか。

 

違いますね。日本語は、日本の文化のひとつです。

 

わたしたちは、まわりの環境や生活、知識や情報から影響を受けて、それらの自分以外の情報を「自分らしさ」と呼んでいるのです。

 

だったら、善い自分を作り出すことこそが、自分らしさにすればいいのです。

悪いことまで、自分らしさにする必要はないのです。

ひとは、最初は、すべてのひとが、マネごとから入ります。

親の言葉を自然とこどもはマネて、日本語を話しはじめるのです。

他人のやっていることをみては、それを受け入れ、それを実行して、自分らしさにしているのです。

 

これからお同じで、良いところを取り入れてはマネをして、自分らしさを常に作り出していく、それがまずは「演じる」ということです。

はじめは、演じていても、これを繰り返せば繰り返すほど、習慣になっていき、それが人格になっていきます。

人間は、生き物ですから、変わらないひとなどいません。

嫌でも、変わります。

常に、新しい自分らしさを生み出しては、生きているのが、生き物なのです。

この演じることを身につけられたら、あなたが美人ではなくても、男性から気に入られるようになります。これは本当です。

お世辞にも、綺麗とはいえない奥さんが、夫からものすごく愛されている結果が出ています。演じることができな美人よりも、演じることができるブスのほうが、愛されるのです。

※この良いものを取り入れて演じていけば、かなり完成されたひとになれますが、悲しいことに、人は、遺伝というものも、受け継いでいます。遺伝には、良い遺伝と悪い遺伝があり、本人がどれだけ努力しても、どうしても”無理”というものが必ず1つはあります。もうそこは、わたしやあなたが悪いのではなく、あなたの体、すべての人間の体の中にある悪が悪いのです。それを受け入れてくれる男性にめぐりあう、または育てる、成長していけるひとを見つけるしかありません。1つのどうしようもない悪があるのなら、100の良いところでそれをカバーするしかありませんね。

 

3、仕草で注意を引く

男性は、女性よりも、視覚中枢が発達しています。

もちろん、統計学的にということなので、男性以上に発達している女性もいれば、女性よりも発達していない男性もいますが、総合的には、視覚が男性に影響を及ぼしているのです。

幼児、男女を集めて、研究したところ、男の子のほうが、女の子よりも、手の仕草や動きに、敏感に反応していることが解っています。

幼稚園などで保母さんが、歌を歌いながらお遊戯を手で表して、注意を引かせますが、男の子の脳のほうが大きく反応するのです。

ですから、集中力を高めようと思うなら、お遊戯は効果があるということですね。

 

子供のころから、優れているものは、大人になれば、さらに優れて育つことになります。

スポーツなどで男性のほうがボールなどの反応が早いのは、そういった性質もあるからとも言われています。

もちろん、スポーツをしている女性も、発達しているので優れて育つわけですね。

 

この性質を利用して、好きな男性の気を引いてみましょう。

手の動きなどの仕草をみせることで、注意を引くのです。

 

女性と違って、男性は比較的、単純なので、指や手の動きに目がうばわれるのです。

目の前に動くものに反応してしまうのです。

 

女性は、男性と違って、好きな相手を比較的よく観察しているので、その男性は、あなたのことをまんざらでもないと思っているのではないでしょうか。

好きとまではいかなくても、嫌われてはいないと思います。

少しでも、気がある人なら、あなたの仕草に、目が奪われやすいはずです。

 

ですから、その相手の前方方向、その相手の視野、170度の中で、「そんな仕草、普通しないだろ!?」というものを2・3秒してみましょう。

例えば

右手の人差し指と左手の人差し指を、お互いに横に向けて、糸をまきとるように、ぐるぐるぐるぐる回転させてみるとかです。

それを数秒、ただの知らないうちにしてしまった、癖?のように、なんでもない顔をして、やってみるのです。

そうすると、好きな男性は、何かあなたが、やってるなと気を向けるわけですね。

 

プロスポーツは、マークを必ず作っていますが、マークがあることで目立つように、あなたの仕草マークを付けることで、相手の意識に入り込むのですね。

 

他にもいろいろ、考えて、自分で企画してみましょう。

 

手の平で、チューリップを作るとかでも、かなり気になるポーズです。

 

しかも、なんでもない顔をしてやることが大切です。

変なことを何でもない顔でやっているギャップが、気を引けますし、他のひとにみられても、本人が、なんでもないと思っていれば、「そういうこともあるか。」と流してもらえます。

ダンスをするとか、やりすぎはやめてくださいね・・・。

変な目でみられない程度だけど、注意がひける面白いものがいいと思います。

 

その仕草を好きな相手に、注目させられたら、もしかしたら、向こうから、話しかけてくれるかもしれませんね。

「なんか授業中、チューリップやってた?」とかツッコミをいれてくれるかもしれません。

そう言われたら「え?そんなことしてた?気づかなかった。」といって天然仕草にみせるのもいいかもしれません。

 

 

4、秘密を共有する

 

 

話せるタイミングとかがあるといいのですが、そのような時に、「誰にもいわないでね。秘密ね。」という話題を持っていくのは、その相手の気を引くテクニックの1つです。

秘密という言葉に反応して、「なんだろう?」と相手の気を引くことができます。

 

こちらからのモーションになるので、主にこちら側の秘密を相手に、与えることになりますが、それで十分です。

変に相手の秘密まで知るのも、ややこしくなるので、自分の秘密という内容を与えることがいいでしょう。

 

広まっても、それほど気にならないようなものを選べるとベストです。

 

とにかく、好きな相手と秘密を共有するということが、意味があるからですね。

 

例えば、「実は、○○ちゃんと○○のイタズラしちゃったの。」とかです。

その程度なら広まっても笑い話で済みますね。

かわいいイタズラ秘話を作ってくださいね。

 

相手の気を引くためなら広まってもいいというほど好きなら、深い秘密をいうのもありでしょう。

その深さによって、秘密を共有したことで、あなたは他の女子とは違う関係を築けます。

他の女子よりも距離がグッと縮まるのです。

 

 

5、悩みで気を引く

ちょっとした秘密を共有したり、深い秘密を共有すると、距離が縮まります。

縮まれば、悩みを打ち明ける空気も、相手にみせることができるようになります。

 

悩みを打ち明ける時、少し暗い雰囲気で話しましょう。

 

男性は、女性と違い、論理的にものごとを考えようとします。

ですから、何らかの解決策を考えようとしてくれるはずです。

その解決策が、意味不明であっても、耳を傾けましょう。

 

そして、うなずきます。

 

なるべく、長い時間話せるといいのですが、そうもいかないとは思いますので、タイミングのいいところで、納得した態度を取りましょう。

 

そして、明るい雰囲気に変えて、「ありがとう。○○くんのおかげで、なんだか明るくなったわ。」と嬉しい顔をみせましょう。

 

すると、男性は、この子の悩みを自分が解決したと、脳の中で、ものすごく脳内麻薬が分泌して、幸せを感じるようになります。

あなたと話すことが、楽しい、嬉しいと思うことで、関係も深まっていくのですね。

6、笑顔で気を引く

男性の脳は、視覚中枢が発達していると話しましたが、笑顔はとても、男性の目を引きます。

かわいくなくても笑顔は、女性の武器になります。

かわいくないムスっとした顔より、かわいくない笑顔のほうが、男性は好きです。

 

どんなにかわいくなくても、笑顔のひとは、かわいくみえます。

そこまでブスじゃないよ。というひとなら尚更、効果があります。

悲しい時、苦しい時、嫌な時ほど、笑顔をみせれるけなげさがあれば、男性はそのような女性を気に留めるようになります。

 

普段は明るいのに、いつもよりも暗ければ、「何かあったのかな?」と逆にきっかけになることもあります。

 

 

まとめ

このようなテクニックなら40個でも50個でもあげられますが、きりがないので、他のところで紹介していきます。

まだ好きな相手との関係が深くない場合は、こういった小手先のテクニックを使って、関係を近づけるという行動を起こすことが大切になります。

ですが、関係が築けたら、あまり小手先のテクニックは、使わないほうがいいです。

テクニックは2割程度にして、人格や中身、やさしさや思いやりなどをふたりで育てていきましょう。

そうしなければ、いつかはそのテクニックに依存して、裏切られる確率が高まります。

ニュースなどでみてもわかるように、綺麗な女優さんと結婚しても、男性は裏切ったりします。

それは、綺麗な顔に、脳が気持ちよくなるという欲望の関係だからです。

欲望の種をまけば、欲望の実を刈り取ることになります。

もし、あなたと好きな人との関係が、そのような楽しいだけ、嬉しいだけ、興奮するものだけであったら、ふたりの時間が経てば経つほど、あなたは飽きられ始めます。いつまでも、そのような関係は保てないのです。だから、新しい興奮を求めて、相手は裏切ろうとしはじめるのです。

ですが、小手先ではないものでつながった関係であれば、それを裏切ることへの心の痛みが、欲望を制御してくれるのです。

コンテンツの中にある恋愛の導きに、それらの奥義や本当に大切にしなければいけないことを書いているので、そちらをお読みください。

特に、真実の愛は、お勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA