恋愛の導き

結婚は焦ってはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

○友達が次々と結婚していくのをみて焦る。
○出産適正年齢を考えると焦る。
○合コンなどをしないといけないのか。
○一生独身のままなのか。
○老後もひとりだと考えると不安になる。
○好きな相手をみつけたい。
​など――

このような悩みや希望を抱いていないでしょうか。

そのような方たちのために、このサイトでは

解決できる提案恋愛のケースを小説調にして掲載しています。

まずは、何からはじめれば、これらの悩みや希望が解消され、手に入れることが出来るのか、それを導けるサイトにしていきたいと願っています。

 

誰しもが焦り、または希望を持って早くから結婚へと行動を取ろうとします。

早めに結婚することは、本当にいいことでしょうか。

正直、早くする結婚と晩婚のどちらが人生を豊かに生きることができるのかは、その人によって変わるものなので、分かりません。

ですが、明らかに分かるのは、

焦っている人間より、焦っていない人間のほうが、冷静な判断ができるという”事実”です。

焦って、何がいいことがあるのでしょうか。

焦って早く結婚した人より、焦らず早く結婚した人のほうが良いに決まっています。

ですが、問題は、どれだけ「冷静に!」と考えても、焦りがじわじわと噴出してしまうことです。

この焦りとは、一体どこから来ているのでしょうか。結婚を焦らないようにする方法はあるのでしょうか。

1、影響されない勇気

皆さんは、知っているでしょうか。

偉大な人物という人たちのほとんどは、その焦りを乗り越え、乗り越えるどころか、普通の人たちが大切だと考えるものまで、捨てていったのです。

有名なのが、ブッタやイエスキリストです。

ブッタは28歳になって、妻子がいて家族がいるにも関わらず、それらすべてを捨て去り、修行の道へ歩みました。

イエスキリストは、30歳を超えて、家族を捨て去り、旅を続けました。
自分の母親マリアにさえ、「女」と言っていたほどです。

日本では、吉田松陰や多くのさまざまな仏教の始祖といわれている人たちは、まるで自分の人生を捨てるかのように、他人や日本という国のために命を使い続けました。

松井松陰やイエスキリストは本当に命を亡くしてしまったほどです。

ですが、そんな彼らの行動が人々に感動と勇気を与え、その弟子たちは、世界を平和へと変え、日本に明治維新をもたらしたのです。

 

ブッタはそれらの行動の理由を「縁起」というもので説明しました。

物事は結果があれば、原因があり、その原因は、人間の頭の中にある”固定概念”心にそって、結果が生まれてしまっているというのです。

わたしたちは、家族や友人、愛する人という言葉を聞くと、良いことのようにイメージする人が多いでしょう。

 

それらを前向きに観て表現するなら”絆”という言葉が浮かんできます。

ですが、本当にそれらは良いことなのでしょうか。

前向きに言えば”絆”ですが、後ろ向きに言えば”束縛”です。

例えば、皆さんが、前向きな行動だといって、世界中を旅しようと考えたとします。
ですが、その行動を邪魔するのは、大切な家族であったり、大切な友達であったり、仕事だったりするものです。大切だとされているものが、わたしたちの自由を束縛してしまうのです。

正しいことをしようとしても、それら大切なものを守ろうとすることで、正しい行動が出来なくなるという葛藤は、生きていれば腐るほど体験することです。

縁は良いもののはずなのに、その縁によって正しいことが出来なくなるのは、悲しい事実ですね。

わたしたちは、良いことを良いと”思い込んでいる節”があるのです。

わたしたちに焦りをもたらしているもののほとんどは、”思い込み”なのですね。

ですから、ブッタは、悟りを得るために、家族を捨て、一族を捨て、多くのものを捨てて、ひたすら祈り、悟りを得ようと座り続けたのです。

すべてに依存しなくなった人間は、恐れることなく、恐怖することなく、正しいことを行動できる人間になれるわけです。

お金・友達・家族・車・家・趣味・お酒など、多くの依存していることを捨てることで、恐怖さえも捨て去り、正しい行動を導けるようになり、自由になったのです。

残念ながら、今の日本という国の学校では、これらの大切な事実をまったく教えてくれません。

ですから、ほとんどの人たちが、依存してしまっている状態です。

依存だらけの人間と結婚をして、幸せになれると本気で思えるでしょうか。

ほとんど不可能ですね。

ですから、何も知らずに、早く結婚をしている人たちは、ギャンブルをしているようなものなのです。

 

もちろん、幼い頃より、それらの事実を教えてもらっていれば、みんな納得しながら、それぞれ依存しない人間、本当の大人になり、早くする結婚もできるはずなのですが、残念ながら、今の日本という国は、早く結婚するほうが、おかしい環境なのです。

 

ですから、30歳を超えても、恐怖心に負けず、正しい行動を求めて、まだ結婚していないひとは、依存度が少ない幸せになる確率が高い人たちなのですね。

 

歳が気になって恐怖を感じますか。
友達が次々と結婚して恐怖を感じますか。
老後を考えれば、恐怖を感じますか。

それらの多くは、わたしたちの頭の中に住まう”思い込み”なのです。

その恐怖に負けて、焦って結婚すれば、恐怖を抱く男と恐怖を抱く女が生活をして、いい生活ができるはずもないのですね。

 

ですから、焦って結婚をすれば、人生を捨ててしまうことになるのです。

2、精神的に大人同士が結婚するということ

幸せになりたいのなら、まずは、自分が大人になることです。

そして、大人の相手を見極める目を育てて、大人の相手と結婚することなのですね。

自分だけが本当の大人であっても、相手がこどもだったら、うまく確率が低くなるからです。

では、結婚は遅ければ遅いほどいいのか?

そんなわけありませんね。

人間は、いつまでも若いままではいられません。残念ながら、ある年齢を過ぎれば、こどもを生む能力も低くなっていきます。ですから、早めに結婚することは、良いことなのです。

ですがそれは、本当の大人が早めに結婚することが良いのであって、子供の精神のふたりが結婚しても、不幸を量産していくだけになるのです。多くのものに依存しているのですから、不平不満でストレスが溜まっていくからです。

現代は、離婚や結婚によって不幸になっているひとが、大量にいるのをみれば、分かる通りです。

彼らは、結婚が悪いと責任転換をしますが、違うのです。こどもが結婚しているから悪いのです。

たくさん、辛いことや悲しいことを乗り越え、何が正しくて、何が正しくないのかを判断できる大人同士が早く結婚するのが、本当にいいことなのですね。

 

その中で、一番大切なのは”愛”です。

子供の精神のふたりであっても、愛を持って一緒に生活すれば、一緒に大人へと成長しながら、乗り越えていけるからですね。確率は低くても、なんとか耐えていけるでしょう。

絆になるのか、それとも束縛になるのか、それはその人によって違ってくるのですが、何歳であっても、焦ってはいけないのですね。

世界では70歳でこどもを生んだ女性がいます。日本では60歳で生んだ女性がいるのです。

学校やマスメディアなどに振り回されず、薬や不妊治療などに騙されて、体を壊されていなければ、それほど焦る必要もないのです。

焦ったり、変に結果を気にしたり、恐怖を抱きながら生きたりするから、人生を壊す結果を得てしまうのであって、恐怖に打ち勝ち、健康を疑わず、自由に正義の行動を取り続けて生きるのなら、幸せな人生という結果を手に入れることができるのですね。

 

もちろん、70歳や60歳で生んでいる女性は多産ですので、出産時は生理がなく、卵子の数を制御できています。女性は卵子の数が決まっている中、彼女たちは多産なので、高齢出産できているのです。

なので結婚していない人とは違ってはくるのですが、それでも焦る必要はないのですね。

だからといって、バランスは大切です。

3、お見合い結婚は賢い選択

何度もいいますが、本当にいいのは、大人の心を早めに手に入れて、早く結婚して、多産することです。

そのためには、出会いを増やして、大人の相手なのかを見ていくことが大切なのですね。

ですから、わたしは結婚相談所などで相手を探すのはとてもいいことだと思っています。

現代人は、お見合いをあまり良いイメージで見ていない人がいますが、事実を基に考えれば、お見合いをするほうが、幸せになれる確率が高いのです。

 

恋愛結婚とお見合い結婚に振り分けたりしますが、わたしはお見合い結婚のほうがまともだと思います。

恋愛結婚というのは、聞こえはいいですが、素人の出会いの結婚です。

 

片やお見合い結婚とは、結婚を仕事にしたプロフェッショナルたちが、真剣に生活をかけて考え抜かれたシステムの上に備えられた結婚なのです。

素人のミュージシャンより、プロのミュージシャンのほうが良いに決まっています。

恋愛結婚といわれている人たちも、ちょっと考えれば、お見合い結婚です。

学校というお見合いの場所で出会った結婚であったり、仕事というお見合いの場所で知り合った結婚であったり、もっとひどいのは、合コンなど素人が企画した出会いで結婚する、何の保障も裏づけもない出会いの結婚です。

これこそ、ギャンブルですね。

結婚相談所とは、イメージが悪いと錯覚するかもしれませんが、言い換えれば、結婚の学校です。

結婚を特化して、教え、出会わせるプロフェッショナルな学校なのです。

結婚を教えない学校のフォークダンスで結婚する人と

結婚のプロたちが教える学校で結婚する人は

 

どちらが頭がいいかは、冷静であれば、分かる通りです。

現在サイトの移転中です。

サイトの移転元は

https://thoughtsreach.wixsite.com/just-like-angel

こちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA