恋愛性格判断

好む色で相手の性格を知ることができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

視覚の中でも色というものをみることで人は少なからず影響されています。

気になるひとの好きな色を知ることで、少しそのひとの性格を知ることができます。

今回は、色についてみていきましょう。

1、赤色が好きなひとの傾向

赤色は人間が認識できる色の中でもはっきりとみることができるものなので、よくマークや標識などでも使われます。

それだけではなく、ひとに少しだけ興奮状態にする効果があります。赤色は食欲を増し、また体温を少しだけ高める効果があります。脈も早まり、活性化するのです。

赤色が好きだというひとは、前向きな思いを望むということです。

ということは、普段はあまり前向きではなく、体調も優れないかもしれません。体温をあげるために有効な色を求めているかもしれませんね。

2、青色が好きなひとの傾向

青色は心を落ち着かせて、冷静にしやすい効果を持っています。青色は食欲を減少させ、脈拍も落ち着かせます。

ですから料理ではあまり使われない色でもあります。

冷静になりたいときは、青色などをみるといいかもしれません。

この青色が好きだというひとは、普段からあまり落ち着きがない傾向があるかもしれません。普段から興奮気味だからこそ、落ち着きたいので青色を自然と好んでしまうひともいるでしょう。

3、黄色が好きなひとの傾向

黄色は希望や明るい気持ちになりやすい色です。光のようにみえる色として広く使われている色です。

黄色は料理でも使われる色でもあります。たくわんなど黄色に着色されていますね。

黄色が好きな人は、あまり後ろ向きなことを好まない傾向があります。

悲しいことや辛いことを感じるのが好きではなく、避けがちになるところがあるかもしれません。

楽しいことや嬉しいことには前向きで、利益や化粧などの華びやかなものを好むでしょう。

4、緑色が好きなひとの傾向

緑色は、視力回復にも役立つ色で、優しい気持ちにしてくれます。心を落ち着かせて、癒しを与えます。

緑黄色野菜などで栄養価の高い野菜などでもわかるように、バランスを促進してくれる効果があるとされています。

緑色が好きなひとは、過去に嫌なことを経験していたり、心が疲れている優しいひとかもしれません。

歳を取ると自然を好むように、自然には緑色が多く、心に癒しを求めているかもしれませんね。

体にいい色ではありますね。

5、紫色が好きなひとの傾向

紫色は、芸術でも好まれる色で、多彩な表現を助けるものです。赤色と青色の両方から造られる色なので、両方の効果に似たものがあるとされています。

綺麗なものや高価なものを求める色でもありながら、疲労回復にも役立つ色で、紫を多く使っている部屋やベッドでは、回復するために眠くなるとも言われています。

紫が好きなひとは、好奇心も持ち合わせながら、回復を望みバランスよく考えられるひとかもしれません。

芸術やファッションにも興味を持ち、色々な考えを受け入れることができる傾向があるでしょう。

6、ピンク色が好きなひとの傾向

ピンク色は、ホルモンを分泌させる効果があると言われています。男性もピンク色の衣装を着ている女性には母性やかわいらしさを感じて好まれる色でもあります。こどもにも効果があるので、保母さんなどがよく使う色です。

体の体調もよくしてくれる色として、重宝される色です。

ピンク色が好きなひとは、普段から美容や女性らしさを感じていたり、肌の具合などを気にしているひとかもしれません。

少しミーハーなところがあり、鏡が好きな傾向もあるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA