恋愛性格判断

プレゼントで相手の性格を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

1、身に着けるプレゼント

身に着けるプレゼントは、その人を華びやかにするものです。

身に着けるもので見た目を良くすることを望むひとは、心に弱さを抱いたり、刺激を求めている人が多いです。

何か着飾ったりするのは、無いと思い込んでいるからこそ、ほしいと思い、それを喜ぶのです。

女性は男性とは違い毎日体温の変化にみまわれ、普段からストレスの多い生活をしているので、自信を無くしてしまうひとが多く、物や化粧など見た目をよくしてカバーしようとするのです。こういったひとは衝動買いなどでストレスを発散するひとがいます。

また男性は女性よりも視覚中枢が発達しているので、女性が綺麗になっているものに反応することもあり、女性が化粧や物で綺麗になろうとするのは、とても効果的な方法なので、身に着けるプレゼントを望む女性が多いのです。

男性から好印象を与えるプレゼンができる女性ですね。

相手に刺激を与えて自分の印象をよくしようとする行為は、楽しさももちろんあるのですが、相手に刺激を与えることで効果的だと思っているということは、自分も刺激に反応しているからするのですね。

ですから刺激を求めているようなひとや前向きな行動をするような人には身に着けるプレゼントは喜んでもらいやすいわけです。

こういった方には、あなたが何がいいのかを選んで、プレゼントするといいかもしれませんね。

普段は真面目で、ストレスをかかえていて、衝動買いなどでストレスを発散するようなひとは、お金を渡して、一緒に買い物をしてストレス発散させることが喜ばれるかもしれません。お金を渡すのはこちらとしては気が引けますが、「もうこれはあなたのものだから、自由に使っていいからね。」といって渡してあげれば、気兼ねなく買い物を楽しんでもらえるでしょう。

この2つのパターンによって身に着けるプレゼントを喜ぶものがありますが、刺激やストレスとは違っても、身に着ける物を喜んでもらえる性格のひとはいます。身に着けることで足りないものをカバーするのをあまり前向きではない、心の強い人がそれに当たります。

見た目や物やお金などではなく、心に指標をもって歩んでいるひとは、プレゼントを心から嬉しいとは思えません。ですが、そのプレゼントにふたりだけの想い出や想いいれをプラスさせると、そういったひとは、喜んでくれます。

ですから、こういったひとには、一緒に手作りの指輪を作ったり、旅の思い出とか、心に訴えかけるようなプラスアルファをつけることで、喜んでもらえるわけですね。

2、香水などのプレゼントを喜ぶ

匂いは人間の記憶に深く入り込むことができるものです。意外と匂いは効果的なプレゼントなのですね。

ですから、香水もそうですがお風呂セットなどをプレゼントするのは、その時に喜んでもらえるかはわかりませんが、プレゼントをしたという記憶には残りやすいのですね。

また、香水を喜ぶひとは、頭のいいひとが多いです。

五感は視覚によりがちですが、それ以外の嗅覚にも目を向けられ、普段から匂いによって好印象を与えることができることを知っているからですね。

見た目は質素倹約のようであっても、香水などをほのかにつけているひとはとてもオシャレにみえたりします。

どうしてあのひとは魅力があるのかなと思わせられる謎めいた存在としてもみられやすいので、香水を利用し、それを喜ぶひとは謎めいた魅力があるともいえるのです。

もちろん、あからさまに多く香水をつけたら、意味はありません。解るかわからないか程度にいい匂いを出すことです。

ですが、香水をプレゼントするのは、難しいです。

あなたがいい匂いだと思っても、その相手にとってはいい匂いだと感じない場合もあるので、もし香水をプレゼントするのなら、前もってそのひとがどのような匂いが好きなのかを聞いておくことが望ましいです。

また、メインの香水以外の他にもその相手が普段使わないような匂いのプレゼントをもう1つ付けてあげると喜ばれるかもしれません。

2つならいい匂いの確率も高くなりますし、わざと1つは変な匂いにしていれば、メインのものは良いと思ってもらえる効果もあるからですね。イメージチェンジするきっかけを相手にも与えることができるので、また喜んでもらえるかもしれません。

3、食べ物などのプレゼントを喜ぶ

食べ物のプレゼントと言えば、地産物など地理などが好きな相手に喜ばれるものですね。

地産物を相手にプレゼントする時は、その場所のイメージを膨らませられるような言葉も一緒に送ると喜ばれるかもしれません。

また食事もプレゼントとは思えないかもしれませんが、ひとつのおもてなしです。

そのひとの性格や普段から好んでいくお店をピックアップしておいて、大切な日におもてなしをしたいですね。

食べ物は欲とそのまま直結しているので、それを喜ぶことを見せるひとは少ないのですが、純粋に食べることが好きなひとには、喜ばれます。

特に普段から穀類のような

  • ごはん
  • パスタ
  • パン
  • クレープ・お好み焼き・たこ焼き

などを好んで食べるひとには、甘いケーキやドーナツなどをプレゼントすると喜ばれます。

赤福などは日本の有名な地産物ですが、そういったものが喜ばれるでしょう。

ですが、注意したいのは、食事制限を心がけているひと(ダイエットやスタイル維持)に食べ物のプレゼントは考えものですね。あまり高カロリーにならない程度のものが望ましいでしょう。実際は、果物などは不必要なものは外へと排出されるのですが、普段から食事制限をしているひとは、体がそれを望んでいるので、取り入れてしまうので、好まれない場合があるので要注意です。

4、おもちゃ・ゲームで喜ぶ

おもちゃやゲームといえば男性が多いです。

男性はものに意味をつけてそれを喜ぶ傾向があるので、オタクやこどもなどがおもちゃを喜びます。

切手などを集めるものもこれに当たるでしょう。

指輪やアクセサリーとは違い、物ではなく、知識や価値を喜ぶので、女性にはわかりずらいかもしれませんが、アクセサリーや宝石などに詳しくなり、その作りの意味を知るとさらに深さを増すように、この手のおもちゃやゲームなどにも、意味があり、喜ばれるのですね。

ソフトではなく、ゲーム機本体であれば、なお喜ばれるでしょう。もちろん、そのひとが持っていないものを買ってください。

なかなか女性はそのようなものをプレゼントするひとはいませんが、現代の男性は、ないことに価値を見出すことに長けているので、そこを理解してあげてほしいところです。

ものがない時代は、物に価値がありましたが、物がすでにある状態の社会で生まれ育った男性は、1つ1つに価値を見出そうとするのは、自然の流れだからです。

ですが、あまりゲームなどをプレゼントすることに抵抗があるというのならパソコンなどをプレゼントするのも喜ばれるでしょう。

パソコンは一台もっていたとしても、利用価値はさまざまあるので、融通がききます。そのひとの趣味にあわせたものを提供できるのがパソコンですし、勉強するという意味でも利用価値があるのでプレゼントしやすいかもしれませんね。

ボードゲームや黒ひげなどなら女性でも一緒に楽しむこともできますね。

5、書籍で喜ぶ

本が好きなひと、本をプレゼントされることで喜ぶひとがいます。

ひとによってはこだわりがある人もいるのでそういうひとは注意ですが、本が好きなひとは様々な知識が増えることを喜ぶので、あなたが良いと思った本をプレゼントすることが喜ばれるでしょう。

プレゼントの額としては数千円程度で少ないように思えるかもしれませんが、本が好きなひとにとってはお金以上に、喜ぶもので、知識を増やす喜びを得ているので、本の内容さえよければ気にする必要はありません。

むしろ、お金をかけずにそのようなマイナーなものをプレゼントしてくれるあなたを尊敬してくれるかもしれません。

本といっても現代では、紙ベースではなく、データベースの電子書籍もあるので、タブレットなどをプレゼントするのも手かもしれません。毎月のお金がかかるので考えものですが・・・。

漫画が好きなひとには、漫画をプレゼントするというのもありかもしれません。全巻を一気にプレゼントしてくれるというのは喜ばれるでしょう。おもに男性ですけどね。

意外と男性に漫画をプレゼントするのなら少女漫画とかもいいかもしれません。男性は漫画喫茶などでも少女漫画に手を伸ばしにくいですし、ましてやお店で少女漫画を買うのははずかしいので、付き合っている彼女が面白いと思える少女漫画を買ってプレゼントしてあげるのは、意外性もあってありかもしれませんね。

6、思い出を喜ぶ

プレゼントは物だけではありません。思い出や想い入りの入ったものが喜ばれる場合もあります。

ふたりだけの想い出の場所にデートするというプレゼントもいいかもしれません。

また、思い出を残せるような写真やビデオなどをプレゼントして、一緒に思い出を集めていくのは、二人の関係を深くする行為にもつながります。

一回だけで終わるのがプレゼントになるケースが多いですが、写真やビデオなどなら何度も一緒に関われますね。

数年経って一緒にその映像をみるのは、はずさしさもありますが、楽しいものです。結婚して子ができたら見せることもできるので、記録に残るものとしてプレゼントするのはいいかもしれませんね。

7、旅行をプレゼント

未知の世界や好奇心を満足してくれるものは、旅行ですね。

特に海外旅行などは喜ばれることでしょう。

物や香水などにあまり興味を持たない相手には、このようなプレゼントが効果的です。

問題は、その相手に時間があるかどうかです。

普段から忙しくいている日本人には、あまり時間がなく、時間をわざわざ取らなければいけないのがおっくうですね。

ですが、旅行にいけるのは、楽しいものなので、物などに反応しないひとには喜んでもらえるでしょう。

これに似たものは、遊園地や動物園、水族館などになりますが、印象を強く与えるのは、やっぱり海外旅行ですね。

海外では、街中に平然と鹿やトナカイ、馬などが人間がいるように歩いているようなところもあるので、天然の動物園のようなものです。

川などの規模が違い、日本のそれとはまったく色も形も大きさも違うので楽しめることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA