恋愛性格判断

しぐさで好きなひとの性格を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

しぐさは、そのひとの性格・遺伝・心のバランスを表しているものです。

そのひとにとって良いこともあれば、悪いしぐさになる場合があります。

チック症候群という心の不安や安定を求めて、どうしてもしてしまう、しぐさもありますね。

そのしぐさの意味を知ることで、ひとつの情報として好意を持っている相手の状況を知ることができるのですね。

もちろん、しぐさだけで判断することはできません。ひとはさまざまな要素をそれぞれ持って生活しているので、ひとりとして同じひとはいないので、ひとつの材料として知っておく程度でいいでしょう。

心の不安のしぐさであるのなら、知っていれば相手を理解してあげられることもできるようになるかもしれません。

今回のテーマは

しぐさで好きなひとの性格を知る

1、髪を整えようとするしぐさ

髪を整えようと髪の毛に手をやろうとするひとは、普段からまわりのひとの目線を気にするひとで、ナルシストが入っているひとです。

想像力があり、クリエイティブにものごとを考える才能があります。

ですが、自分の世界に入り込む傾向があるので、思い込みが多く、他人との勘違いがトラブルの基になる場合もあります。

目立つこともまんざらではないので、俳優や芸能人など表にでる仕事などが向いているかもしれませんね。

ひとからみられることで力を発揮しやすいタイプでもあるわけです。

ですが、それだけにどこか寂しがり屋でもあるので、相手をしてあげると内心は喜びます。外向きには、格好つけるように誤魔化すかもしれませんが、本当は喜んでいるわけですね。

プライドもそれなりに高いので、好きなひとがそのような癖をしているのならプライドをくすぐるような言葉かけや態度をとるといいかもしれません。

2、チック症候群

チック症とは、激しいストレスや心の傷からその心を守ろうとして知らないうちにしてしまう仕草です。

これは心の傷からきているので不安感を感じるとしてしまうのです。

こういったひとは、辛い経験をしている場合があるので、他人の気持ちを解ってあげられる優しい気持ちが内心はあります。

ひとを傷つけることもできないからこそ、仕草で自分の心を守ろうとするのです。

ストレスを脳がバランスが取れない欠乏症になっているので、不安に負けて正しくない行動を取る場合もありますが、そこは心の傷から来ていると思えば、理解してあげられるかもしれませんね。

こういった相手には、あまりストレスを与えるような派手な行為は避けた方がいいかもしれません。

自然体で温かく受け入れてあげるような対応が望ましいでしょう。

3、鼻を触るしぐさ

鼻を触るのは、鼻に血液が充満してムズムズしてきてしまうひとです。

ひとは嘘をついたり心を誤魔化そうとすると緊張して鼻に流れる血管が激しく流れ始めることで、むずむずし始めてしまうのですね。

それが気になり自然と鼻に手をやってしまうひとがいます。

こういったひとは心に道徳観念があるひとです。

もし、心を誤魔化しても平気だというのならこのように体に反応することはないからです。

表向きはそうでもないようにみえても、内心は道徳心があるわけですね。

こういうしぐさをする相手には、正しさを認めて安心させてあげることがいいでしょう。ストレスに過敏に反応してしまうのならそれを中和してくれるような相手に好意を持ってくれることでしょう。

4、飲み物を両手で持つ

飲み物を両手で持とうとするひとは安定を求めているひとです。

ひとつひとつの行動を確かめるようにするしぐさは、心の不安定さを表しています。

安定した心を持っているひとは、安定させいようとはしないからです。

なにかを頼るということ、なにかをしようと必死になっているのは、ないと思っているからなのですね。

ひとはその心のバランスをあらゆることで補おうとしているわけです。

こういう仕草をするひとには、安定した関係を築いてあげることがいいでしょう。

5、リズムを取ったり、脚を組みかえる

こういうひとは、退屈したしぐさを表に出すひとです。

ひとに退屈したところをみせる思慮のない性格なのですね。

自分本位ですが、ある意味力強い性格でもあります。

何でも利用しようとしてしまうひとは、心を壊してしまう場合があるのですが、こういったひとは他人を跳ね除けるので、気にせずに生きれるタイプです。

他人を傷つけても平然としてられるタイプに多いです。

ですが良くも悪くも前に進む力があるのですね。

こういったひとに関わるのは、まわりが大変になりますが、気をひこうとおもうのなら、得をするようなものを提供することが望ましいでしょう。

6、早口になってしまう

早口になってしまうひとは、臆病ですが優しい人が多いです。

次から次へと何かを提供しなければいけないと必死になってしまうのです。

浅い考え方をしてはいても、それは優しい心があるから何かをしなければいけないと思うわけです。

まわりのひとは、そのあせりに振り回されてしまうかもしれませんが、誰かが安心感を与えてあげると落ち着きはじめるでしょう。

7、口に手をやろうとする

口に手を持っていく癖があるひとは、深い考え方を望むひとです。

口に出すよりも、まずはしっかりと相手やものごとを理解しようとすることを重要視します。

なにごとも慎重で前向きではないよにみえるかもしれませんが、相手を理解するという行動を取るだけに内心は前向きです。

頑張り屋で、諦める言葉やひとの悪口をいうひとを好みません。

こういったひとから行為を持たれようと思うのなら賢い話しと態度が気をひけるでしょう。

認めてもらえれば、好意的に前向きに考えてくれるからですね。

また、異性の前でその仕草が多い場合は、その相手に異性として興味を持っている場合があります。

8、まばたきが多い

まばたきが多くなるのは、自分のリズムをもとうとしているからです。

自分の世界を大切にするので、まわりのひとからの介入はあまり好きではありません。

表向きは付き合いもしますが、深いところはみせようとはしません。

どこかしら心に影があるのですね。

こういったひとから行為をもたれるためには、そのひとを尊重して、ひとりの時間なども確保してあげることです。

何か問題があったとしても、そっと見守ってあげる態度が必要ですね。

まとめ

しぐさは、悪いものではありません。

心のバランスを整えようとしているものなので、それをやめさせる行為のほうが問題です。

しぐさや癖などの傾向がないひとは、安定した心の持ち主が多いです。

なにかを求めているわけでもなく、自然体でいられるひとだということですね。

何かをしようとしたり、何かを頑張ろうとするひとは、今の自分に満足していない心の表れなのですね。

自然体でいられるひとはなかなかいません。どこか欠けているひとの方が多いですし、そういったひとのほうが異性を求める傾向があります。

だれかと支えあおうとして、安定を求めるのですね。

ですから決して悪いことではないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA