恋愛性格判断

食べ物で好きな人の性格を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

好きなひとのことを知りたいと思うことは、ごく自然なことです。

好きなこと、好きなものであっても、ひとはそれは苦労とは思わずに、調べるようにです。

好きな相手なら尚更、知りたいと思うものです。

 

恋愛にとって大切なことは、相性だったりします。それも性格の一致、不一致ですね。

 

性格を知るすべとしては、さまざまな方法があります。

それを見ていきましょう。

今回のテーマは

食べ物で好きな人の性格を知る

まず、注意しておきたいことは、こういった性格判断では、さまざまなケースを取り上げますが、確実に1つのケースがすべてに当てはまるということは、絶対にありません。

なぜなら、人間は、様々な要素が組み合わさって、性格が作られているからです。

笑顔をしないひともいなければ、怒ることもしないひともいません。悲しむことも、喜ぶこともするのが普通の人間です。

 

食べ物も同じで、甘いものだけが好きなんて人は滅多にいません。甘いものが好きだけど、辛いものも好きだといった人もいます。

ということは、甘いものが好きであるパーセンテージが、40%であったら、辛いものは20%、しょっぱいものは、10%と比率が変わってくるだけで、そこにそのひとの独特な性格が隠されていると考えましょう。

さまざまな情報を複合的に、組み合わせることで、さらに制度をあげていくわけですね。

 

A:甘いもの好き

甘いものが好きなひとは、糖分による甘さが好きな場合が多いです。

この糖分は、脳に気持ちよさをもたらす麻薬と似た効果を出します。

甘いものが好きなひとは、食事でも、米。ごはんが好きな人が多いです。

この米の中には、糖分が入っていて、脳が気持ちよくなるので、とても人気があるのです。芸能人などで騒がれている大麻なんかよりも、お米のほうが依存性が強く、お米依存症になっているひとは、お米ダイエットなどをすると危険な場合があるほどです。

お米を食べることを繰り返していると糖分がほしくなるので、食事にごはんがないと不機嫌になったりします。

もちろん、お米と同じように、パンや麺、パスタなどの小麦にも糖分がはいっているので、それらが人気があるのは、そういった脳による効果があるわけですね。

ごはんが好きなひとは、お菓子も好きなひとが多いです。

当たり前ですが、お菓子のメインは、依存性の高い糖分が使われているからです。ごはんとはくらべものにならないぐらいの糖分がお菓子の中にはあるので、お菓子好きは多いのです。

 

こういった糖分による甘さが好きなひとは、感情豊かな人が多いです。感情の起伏を味わうことが、脳にとって気持ちいいと感じる体になっているからです。

愛情深くみえるひとは、糖分が好きな人が多いのですね。

ですが、愛情とはそういった感情の変化のことではありません。

良い言い方でいえば、愛情深くみえるというだけで、脳内麻薬による気持ちよさに、依存しているということです。

こういったひとは、欲に弱い場合があります。

 

依存症になりやすいタイプでもあります。ギャンブル依存症、アルコール依存症、買い物依存症、万引依存症、お金依存症など、数多くの依存症になる確率が高くなります。

 

昔の日本は、自然を大切にして、豊かな心を持つことが美徳でしたから、お米は豊かな心を持つために必要なものとして認められてきました。

ですが、現代はストレス社会であり、数多くのストレスの中でいきているので、ストレスを上手に外に出せないために、依存症になってしまうのです。

 

ですが、極度に糖分を求めるひとでなければ、大丈夫です。

甘いものすぎる人でなければいいのです。

適度に楽しむ程度であり、好き程度なら軽い依存症ぐらいだからですね。

 

甘いものの中には、ハチミツや果物などもあります。こういった甘さは、また別の効果があるので、安全です。

甘いもの好きの傾向

  • 甘えることが好き
  • 愛情深くみえる
  • 感情の起伏に満足する
  • 感情が豊かにみえる
  • 映画やドラマなどが好き
  • 芸術にも興味を持つ
  • 趣味に没頭しやすい
  • 温和だけれど、糖分がきれるとイライラしはじめる
  • 前向き
  • ストレスに敏感に反応してしまう。表には出さなくても体に異変がでてくる

などの傾向があげられます。食べ物は

ごはん、パスタ、パン、小麦、お菓子、チョコレート、飴など)

あなたの好きな人の甘いもの好きのパーセンテージは、いくつでしょうか。

何%?

独断と偏見で、数字を書いてみましょう。本人に聞いた、好きなひとの友達から聞いたという情報があれば、尚いいです。

 

 

B:苦いもの好きな人の性格

苦いものといえば、お茶や緑茶などになります。

緑茶にはテアニンというアミノ酸があり、これを摂取するとドーパミンが出て、軽い興奮状態になります。

ですが、1時間ほど経つと脳にα波がでてイライラや不安定な気持ちを落ち着かせてくれるのです。

女性は、一日の中でも何度も体温が変化しているのでストレスが多いので、その不安定な感情を落ち着かせるためにも、紅茶やお茶などを飲んだり、お菓子などを摂取しようとするわけです。

お菓子などとは違い、お茶には、脳をクリアーにする機能があり、摂取後は、脳が冴えてくるのです。

また、脳に作用するのは、成分だけではなく、嗅覚や味覚などの匂いや味でも脳内物質はでるのです。

匂いを嗅ぐことでも、安定した気持ちになれるわけですね。

ですから、お茶などの苦みが好きなひとは、脳がさっぱりする感じや匂いによって安心感を得ようとするのです。

 

お茶などの苦みが好きな人の性格

  • 安定を好む
  • スッキリした気分が好き
  • 色々なものに興味を持てる
  • 優しい
  • 知識を増やすことを好む
  • 感覚にも目を向けられるバランス型
  • ストレスに対処するのが上手

食べ物は

お茶、緑茶、紅茶など)

あなたの好きなひとの苦みの好き度は、何%でしょうか。独断と偏見、または情報から数字をあげてみましょう。

何%?

C:酸っぱいもの好きの性格

レモンやお酢などの酸っぱいものには、アデノシンという脳内物質を分泌させる効果があります。

アデノシンは、血管を広げ、脳の血流をよくしてくれるのですね。

そうすることで、スッキリした意識を持ち、気分的にも爽快になるので、酸っぱいものが好きという人がいます。

酸っぱいものが好きなひとは、爽やかで、スッキリした物事を好みます。

刺激にも興味を持つので、前向きな傾向があります。

健康的でもあります。

色々なものに目を向けることができて、行動力もある反面、他人と違った行動を取ることがあります。

そこを面白いと思うひともいれば、嫌だと思うひともいるので、利点でもあり欠点でもありますね。

 

酸っぱいものが好きな人の性格

  • 爽やかなものスッキリしたものを好む
  • 人の違いを認める傾向がある
  • 色々なものに目を向けられる
  • 独特なキャラクター
  • 刺激なども好む
  • 陰気な雰囲気は、好きではない

食べ物

お酢、レモン、梅干しなど)

D:辛いもの好きのひとの性格

唐辛子やカレー、こしょう、キムチなどには、カプサイシンという物質が含まれていて、これらはアドレナリンという興奮を引き起こす刺激を脳は、感知してしまいます。

刺激によって気持ちよくなれるわけです。

お菓子などの甘いものが好きなひとは、辛いものも好きだったりします。

そういうひとは、脳に刺激を求める傾向があるわけですね。

よく言えば、前向きですが、悪くいえば欲に弱く、依存症になりやすいのです。

感情豊かで、愛情深くみえます。

恋愛にも前向きで、好きなものには、前向きな姿勢を取ります。

人間味があるので、ひとから好かれます。

社交的で、話す内容も魅力的です。

ですが、感情の起伏が激しく、心に問題を起こす場合があります。刺激ばかりを求めるひとには、魅力的であったとしても要注意ですね。

 

辛いもの好きの性格

  • 前向き
  • 行動的
  • 社交的
  • スポーツを好む
  • 依存度が高い
  • 恋愛に没頭しやすい
  • どこかしら偏った性格をしている
  • 魅力的にみえる

食べ物は

辛い系、カレー、キムチ、唐辛子、中国四川系など)

あなたの好きなひとの辛いもの好き度は何%でしょうか。

E:しょっぱいもの好きのひとの性格

しょっぱいものが好きなひとは、体が疲れていたり、どこかしら体の異変があり、ストレスに弱い体質が多いです。

しょっぱい塩などには、アドレナリンを出す効果があり、辛いものや甘いものよりも低い効果ですが、興奮をうながす効果があります。

もともと足りないものを補おうとしていることから、後ろ向きな考え方の人が多く、危険や注意する能力が高いです。

前向きな考えかたはあまりしませんが、落ち着いた判断を考えることができます。

あまり行動的ではないところがたまに傷です。

ストレスを人一倍嫌い、ドッキリやサプライズなどは好きではありません。

肝臓や胃に問題がある場合があります。

人の痛みを理解することができますが、うしろ向きすぎる気持ちがたまに傷です。

甘いものや辛いもの好きのひととは正反対の性格のようにみえますが、違うからこそ一緒になると強くなれます。

 

しょっぱいもの好きの人の性格

  • どちらかといえば、後ろ向き
  • 危険や問題に気付ける
  • 前向きな考え方をするのが若干苦手
  • ストレスに弱い
  • サプライズは好まない
  • ほどよい刺激を求める

食べ物

塩、塩ラーメンなど)

あなたの好きなひとのしょっぱいもの好きは、何%でしょうか。

F:魚系が好きなひとの性格

魚系には、ドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれていて、脳を賢く活性化してくれるものです。

ほどよくビタミンやカルシウムも魚の中にはあり、それらがお茶と同じように、安定した感情を無理なく補助してくれるのです。

ですから、正常な脳の状態が好きなひとなどは、魚系を好む傾向があります。

魚は鉄分も手に入り、バランスの取れた食材です。

 

魚系の好きなひとの性格は

  • 知識を増やすことを好む
  • 安定を好む
  • バランスのいい性格
  • 前向き
  • 色々なことに目が向く
  • イライラすることが少ない
  • ひとの悪いところを批判することが少ない

食べ物は

(哺乳類ではない魚系、青魚など)

独断と偏見、情報からあなたの好きなひとの魚の好きのパーセンテージはいくつでしょうか。

何%?

G:果物系の甘さが好きな人の性格

お菓子や小麦などとは違い、果物などの甘さは、依存性が少ないバランスのいい栄養素です。

ビタミンEやビタミンCなどを自然な形で取り入れることができます。

自然界のものでは、体が分解できないという考えのひともいますが、実際は、自然なものほど、体に優しく吸収しやすいものです。

人間が加工したもの、とくに固形化されたビタミンなどには、あまり効果はありません。

ビタミンを取ることで、ほどよい前向きな脳の作用を得ることができます。

お菓子や小麦などでは、依存症になるほどのありすぎる効果があるのですが、果物などは、バランスのいい脳内麻薬が分泌します。

 

果物系の甘さが好きな人の性格

  • 否定的な考え方をあまりしない
  • 前向きな思考
  • ほどよい楽観主義
  • スポーツなどを好む
  • 動くことが好き
  • 行動することが好き
  • 社交的
  • 優しい
  • 美意識がある(肌がきれい)
  • 前向きにみえるので後ろ向きの思考のひとに嫌われる場合がある

食べ物は

果物、ハチミツなど)

 

あなたの好きなひとの果物好きは何%でしょうか。

H:肉が好きな人の性格

肉には、イミダゾールペプチドという脳の疲労を回復する効果があり、脳が疲れてきたひとには効果があると言われています。

ですが、肉が好きなひとは、偏った食生活のひとが多く、そのほかの必要な成分を摂取できないでいるひとがいるので、偏った性格をしています。

前向きすぎたり、後ろ向きすぎたり、すこし難癖がどこかで出てきてしまう傾向があるわけですね。

肉には、ドーパミンを発生させる効力もあるので、その瞬間は、気持ちよくおいしく感じるのですが、その効果は短期で、また肉をほしがるようになってしまいます。

肉は、脳を酸化させる活性酸素を作り出してしまうので、脳溢血や脳卒中などの症状がでることが気になるところです。

体に異変が出るということは、心にも異変が出てきてしまうので、特に肉ばかりを食べているひとは、注意が必要です。

 

ですが、ドーパミンなどの効果が好きな人が多いので、魅力的なひとにもみえます。

力強く、心が強くみえるからですね。

 

肉好きのひとの性格

  • 意思がしっかりしているようにみえる
  • バランスが崩れていて、他のところが突出している
  • 魅力的にみえる
  • 必要な栄養素が不足しているので、実際は安定した気持ちが保てない
  • 音楽や映画などの芸術を好む
  • スポーツを好む
  • そこそこ、ハッキリものを言う
  • 欲に弱い

食べ物は

肉系、唐揚げ、焼き肉、バーベキューなど)

あなたの好きなひとの肉好きは何%でしょうか。

I:寿司が好きな人の性格

寿司は、とてもバランスのいい食べ物で、さまざまな食材を食べることができます。

唯一足りなくなるのは、野菜系です。

ですが、それ以外は、魚はもちろん、イクラやカニ、エビなどに含まれるアスタキサンチンも摂取することができます。

これらは、血液の中にも自然に入り込み、脳を酸化させて、機能障害を起こすものを押さえてくれる効果があり、安定した思考を与えてくれます。

ですが、野菜などのビタミンで不足するものもあるので、たまに頑固さが傷になります。

お米で糖分からでるドーパミンで、イライラすることも多少は抑えられるバランスの取れた食事ですが、前向きさが失われることが問題になります。

 

寿司が好きな人の性格

  • 頭がいい
  • 知識が多い
  • 色々な考え方を考えることができる
  • 少しイライラした雰囲気がある
  • 前向きさが足りない
  • 冷静な判断ができる
  • 失敗することが少ない
  • 表向きは失敗することが少なくみえる

食べ物は

寿司系、イクラ、エビ、カニ、金目鯛など)

あなたの好きなひとの寿司好きは何%でしょうか。

 

 

J:野菜好きの人の性格

 

野菜は、バランスの取れた食材です。

ビタミンもほどよくとれ、肉などに含まれる鉄分やアミノ酸まで実は、野菜の中にはいっているのです。

野菜好きは、肉食のひとよりも行動的ではありませんが、ほどよく前向きな行動が取れます。

ですが、現代の野菜には、栄養素がなく、スカスカの野菜ばかりが棚にならんでいるので、逆に野菜が毒にもなっている場合があります。

小さいこどもが、嫌うような野菜は、あまり食べないほうがお勧めです。

こどもでも喜んで食べられる野菜は、まるで果物のように甘く、好まれるものです。

こどもは、大人よりも優れた感覚を持っているので、その食材が危険なのかどうかを自然と判別できているのです。

昔の野菜は、薬などに頼らず、自然の栄養をもとに育っていたので、栄養が沢山ありました。

現在の野菜は、その時の10分の1とも20分の1とも言われています。

むしろ、肉を食べたほうが栄養がある可能性があります。

 

ですから、野菜だけを食べているひとは、現代では決して健康とは言えないかもしれません。

とはいえ、野菜には、少なくなってもバランスのいい栄養素がはいっているので、ほどよく安定した感情を保てる食べ物です。

ゴリラなどは肉食ではなく、野菜や果物だけを食べてあれだけの筋肉を作り上げているのです。

 

野菜が好きなひとの性格

  • 冷静
  • 正常な判断を下しやすい
  • 一歩下がって物事をみる
  • 前向きな思考も持てる
  • 欲には流されにくい
  • 安定した感情を保ちやすい
  • 刺激にも前向きな思考を持てる

食べ物

緑黄色野菜全般

計算してみよう

最初に話たように、Aの甘いものだけが好きというひとは滅多にいません。A甘いもの、D辛いものと複数好きな場合になるのが普通です。

なので、それぞれの%を独断と偏見で導きだして、あなたの好きなひとのある程度の性格を推測してみましょう。

相手のことを知ることができたということは、適切な行動や態度をとることができることになるからです。

 

A%+B%+C%+D%+E%+F%+G%+H%+I%+J%=100%=好きなひとの性格

 

になるように推測してみるわけですね。

 

まとめ

なんでも好きということは、八方美人のように思えるかもしれませんが、そうではなく、栄養素や脳にとってはバランスが取れたいいことです。

ですが、現代の食材には毒が含まれている場合があるので、それには注意が必要ですね。

甘いものや辛いものは、依存性が高いようにみえて、あまりよくないようにも思うかもしれませんが、欠点や利点でもあります。

何かが足りなくなれば、何かが秀でるものです。ですから、残念に思う必要はありません。

欠点があることは魅力的にもみえることでもあるのですね。

もちろん、食べ物は一部の情報なだけで、その人を決定付けるものではありません。

それ以外のさまざまな要素から相手の性格や資質、遺伝や環境を推測することができるというただの補助の情報です。

大切なのは、原理原則であり、自然の共生のシステムで支えあうことです。

違うからこそ、良いのです。

 

あなたと好きなひとが違うのであれば、ふたりがあわされば、バランスが取れるようになるわけですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA