恋愛性格判断

アウトドア派か、インドア派なのかで好きなひとの性格が分かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アウトドア派か、インドア派なのかで好きなひとの性格が分かる

1、アウトドア派の特徴

考えるだけではなく、直感的な思考をアウトドア派は望みます。

ですから、恋愛に関しても直感的な関係を好む傾向があるでしょう。

スポーツができるひとは、勉強もできると良く言われますが、体を動かすということは、意外と複雑なことをしているのです。

どんなスポーツにも力学的な要素があり、体をどのように動かすのかで、その効果は変わってくるのです。

しかも、他人ができることでも、自分ができることとは限りません。

何度も何度も試行錯誤しながら、体感しては、それを喜ぶわけですね。

直感的な思考もそうですが、開拓心も強いのですね。

答えがないようなものにも、何度もチャレンジをしながら、それを喜ぶ忍耐力があるのです。

恋愛は他人同士が理解しあう行為ですから、時には相手の行動が理解できない場合も出てきます。

ですが、理解できないものにも、興味を示して、理解しようとする気持ちが大小なりともあるわけですね。

とはいえ、良いことばかりではありません。

他人を理解することは良いことですが、それは間違えやすいということでもあります。単純にものごとを考えるところがあることは、リスクでもあるからです。

ですが何事も楽観的に考える力がなければ、前に進むことはできませんので、利点のほうが勝っているでしょう。

2、インドア派の特徴

インドア派であるからといって前向きではないということではありません。

もちろん、外にでるのが億劫だからという後ろ向きな考えのひともいますが、室内であっても楽しめるものを探せるということは、前向きなのですね。

そもそも、インドア派とアウトドア派は、どちらも、楽しめ方を屋外と室内で分けていることなので、前向きであることは変わらないのですね。

インドア派タイプは、芸術や文学などに興味を持ち楽しめるタイプです。

このタイプは、考えすぎることで、後ろ向きな思考になりがちですが、単純な思考ではないものを好む傾向があるので、騙されることが低くなります。

ですから恋愛でも疑ったり、前向きではないことまで想定するので、自分から行動することが比較的すくない場合があります。

相手がインドア派ならそういった部分も理解してあげる必要がでてくるでしょう。

3、アウトドア派にはどのように関わればいいのか

スポーツにしても、登山やバーベキューにしても、一緒に楽しんであげることがいいでしょう。

アウトドアは、ひとりというよりも複数人で味わうことで、さらに楽しさが増せるものが多いです。

人と関わることが好きなひとは、アウトドア派には多いといえますね。

ですが、スポーツには個人があり、ストイックに取り組む場合は、他人が入る余地はありません。

日々のストレスを発散させるために、走るなどをしているのなら、楽しむというものではないので、アウトドアとは言えませんが、自由にしてあげたほうが、相手のためですね。

アウトドア派は、前向きな思考に変換することができるタイプなので、その相手にとってストレスになるような意見を言っても、その人のためにいった意見であるのなら、逆に尊敬されることもあります。

ですからあなたらしさを見せることが、好かれるのですね。

もちろん、良いあなたらしさであって、悪いあなたらしさは、みせないでくださいね。

4、インドア派にはどのように関わればいいのか

インドア派は、考えることを優先にしがちで、若干感覚的なものを軽んじる傾向があります。

大勢で楽しむというよりも、少人数で楽しむことを好み、把握できないことに不安感を感じます。

ですが、それらは危険に注意を向ける才能があるということでもあり、悪から遠ざかることができるものです。

ですから、インドア派のタイプは、あまり不安感を煽るような行動はさけたほうが無難でしょう。

アウトドア派のひとは、ストレスに強く不安も糧にできるのですが、インドア派は、不安を内に貯める傾向があるので、安心させることが大切でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA