恋愛性格判断

好きなひとに心理テストをして性格を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

人間は唯一、心を持った生き物です。

人間以外に言葉を理解して、心を持っている生き物はいません。

その心の理を解くことで、好きなひとの性格の一部を知ることは、重要でもありますし、楽しみでもありますね。

 

今回のテーマは

心理学で好きな人の性格を知る

1、ノアの方舟

世界が大洪水で滅んでしまいます。

あなたともう一匹だけの動物だけが船に乗ることができます。

あなたは次のどの動物を乗せますか。

A:馬

B:孔雀

C:虎

D:羊

ABCDそれぞれの動物を選んだら、その動物を選んだ理由を振り返ってください。この問題を誰かに出したあと、そのひとにどうしてその動物を選んだのかをあらかじめ聞いていてください。

 

この心理クイズで解ること

それぞれの動物には、特徴があります。

世界が滅びるという状況の中で、普段からどのような特徴の動物を選択するのかで、心理が少し見えてきます。

この心理クイズで解ることは、そのひとが何を大切にする傾向があるのかが分かります。

 

Aの馬を選んだひとは、仕事を大切にする傾向があります。

Aの馬を選んだひとに、馬を選んだ理由を聞くと、「洪水のあとに仕事などで役立つ」「食料としても使える」など計画的な言葉で選んでいるひとがいます。このように先のことを計画的に計算して選んでいるひとは、仕事を優先する傾向がみえてきます。

ただし、選んだ理由が、計画的ではなく、「馬が好きだから」とか、「目が可愛いから」と答えたひとは、また違う傾向です。

 

Bの孔雀を選んだひとは、お金や物を大切にする傾向があります。

孔雀を選んだひとの理由を聞くと、「華やかだから」とか「綺麗だから」などの理由があげられます。綺麗なものや豪勢なものに興味を示すのは、お金や物に興味を持つことができるひとです。

ただし、「昔学校のいきものががりで、孔雀を飼っていたから」などの理由があるひとは、また違う傾向です。

 

Cの虎を選んだひとは、プライドを大切にする傾向があります。

虎を選んだ人の理由を聞くと「強そうだから」とか「恰好いいから」などの理由をあげます。強さや見た目などに興味を持つことができるひとです。

ただし、「可愛いから」という理由をあげるひとがたまにいるので、こういうひとはまた違う傾向です。

 

Dの羊を選んだひとは、愛を大切にする傾向があります。

羊を選んだ人の理由を聞くと「可愛いから」「抱きしめると温かそうだから」などの優しいものに興味を持てる理由をあげてきます。

ただし、「羊の毛が将来役立つから」「食料としても役立つ」などの計画性の理由で選んだひとは、仕事を大切にする人です。

ですから、他の動物を選んだとしても、「可愛い」などの理由をあげるひとは、愛を大切にする傾向も含まれるというわけです。

そして、羊(愛)を選んだ男性だけが、女性を幸せにしてくれるという話が最後に付き足されます。

あなたの好きなひとは、どの動物を選び、どういう理由をあげるでしょうか。

 

2、映画館

あなたは5年付き合っている恋人とふたりで映画館で映画を観ています。

映画の最中に恋人の携帯が鳴り響いてしまいました。

まわりのひとたちは、冷たい目線を向けています。

あなたは次のうち、どのような態度を取りますか。

A:「何をやっているの?」などと声に出して責める。

B:笑顔で受け止め、そういうこともあるよね。というような態度でフォローする。

C:「大丈夫?」と声をかける。

D:無音にしているのをじっとみつめる。見守る。

E:まわりを気にして落ち着かなくなる。

F:自分が代わりに、まわりのひとたちに一言あやまる。

 

 

この心理テストで分かることは、結婚生活、または同棲生活を重ね。上手に付き合っていけるかが少し分かります。

このようなアクシデントが起こった時に、そのひとの本心がみえてきます。心理テストではごまかせても、実際にこの状況になった時には、そのひとの性格がみえてくるのですね。

 

A:声を口に出して責める人は、結婚生活適正度は、10%です。

違う家で生活をしているだけの恋人同士ならデートの時だけの付き合いなので、表面的なものを誤魔化すことができますが、結婚生活は長く付き合っていくものです。長く付き合っていくと、どうしてもそのひとの性格がみえてきます。

また、結婚は人間同士がするものです。

人間は完璧な人間はいません。むしろ、失敗ばかりするものです。色々なアクシデントが繰り広げられるものが結婚なので、そのたびに一言、思いやりのない言葉を相手に向けるのは、自分本位な人です。嫌なことを嫌なまま受け止めることしかできないひとは、能力的に欠陥があります。嫌なことを糧として変換できる能力が、結婚生活には大切なので、10%とされています。

 

B:笑顔で受け止め、そういうこともあると口に出さずにフォローするひとは、結婚生活適正度は、90%です。

嫌なことやアクシデントが起こった時でさえ、咄嗟に面白いものだと変換できる能力は結婚生活には大切です。また、それを口に出すことなく、態度でフォローすることもいいことです。失敗したひとにフォローしようと声を口に出してしまうと本人は、尚更はずかしいと思ってしまうからです。

笑顔でうまく流して、とくに気にさせない態度は、結婚生活でも役立ちます。

 

C:「大丈夫?」と声をかけるひとの結婚生活適正度は、70%です。

結婚生活には思いやりが大切です。親しき仲にも礼儀ありではありませんが、長く付き合っていても、思いやりを相手に向けてあげることは大切です。

ですが、こちらは思いやりだと思って「大丈夫?」と声をかけたとしても、相手はどういう意味で言われているのか、分かりずらいです。責められているようにも受け止められる可能性もあり、声を出すこともナンセンスです。ですが、相手への気遣いを忘れないことのほうがセンスよりも大切なのが、結婚生活なので、70%と高くなっています。

 

D:何も言わず、何も反応するわけでもなく、見守るひとは結婚生活適正度80%です。

よくこどもなどが泣いたりわめいたりところをデパートなどで目にすることがあります。家でもこどもが泣いたりすることに手惑い反応してしまう大人がいます。

ですがこういう場合は、反応するべきではありません。かまってほしいからこどもは、大人に注目されようとあらゆる行動で試しているからです。これらにむやみに反応することは、こどもにとってもよくありません。同じように、結婚相手の失敗に対しても、反応をしすぎることはよくありません。失敗は、その相手の失敗で、あなたの失敗ではないので、どのようにそれを乗り越えるのかを見守ることが大切です。

責めるわけでも肯定するわけでもなく、そのひとの選んだ選択を見守る心の深さは、結婚生活には大切です。

 

E:まわりの反応を気にして、落ち着かなくなるひとは、結婚生活適正度50%です。

まわりの目を気にしすぎることは、結婚生活では平安を得られません。なかなか落ち着かなず、むやみに反応しすぎることは、あなたにとってストレスです。

その不安は、相手にもうつってしまうので、やはりあまりいいとは言えません。ただこういったひとは、相手を責めることをしません。責めないだけ結婚生活には向いています。ただ強く心を育てていかなければいけないのが結婚ですから、50%とという数字に例えられています。

 

F:恋人のかわりに、まわりのひとたちに謝るひとは、結婚生活適正度20%です。

とても積極的な行動のようにもみえますが、やりすぎることはよくありません。失敗したのは恋人なのですから、その失敗をどのようにするかも、恋人に委ねるべきです。勝手に良かれと思ってまわりに謝ったとしても、恋人にとってはさらに嫌な想いをさせてしまうかもしれません。自分が謝るより、自分のために他人に謝られるのは、嫌なものだからです。さらに負い目をおってしまう可能性もあるので低い数字になっています。

結婚生活は相手の選択を尊重することが大切なのですね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA